赤ちゃん洗濯もしっかり選択する|すくすく成長スクール

男の子

保湿の工夫をする

親子

赤ちゃんの肌は大変薄く、デリケートです。様々な原因で、肌の乾燥を引き起こしてしまいます。まずは赤ちゃんのいる部屋の湿度を確認してください。特に冬場や、冷暖房を使用することで簡単に湿度は低くなって空気が乾燥してしまします。湿度50パーセントほどの部屋が、赤ちゃんに優しい部屋なので一度湿度確認してみてください。赤ちゃんの肌が乾燥しているなと感じたら、すぐに保湿をしてあげることが大切です。なぜなら、乾燥した状態を放っておくことで、肌荒れを引き起こしてしまう可能性があるからです。肌が荒れて弱い状態で傷がつくと、一気にウイルスなどの感染を引き起こしてしまいかねません。肌荒れにまで発展する前に、ベビーローションやベビーオイルなどの優しい成分の保湿用品をつかって保湿してあげましょう。保湿用品も成分や、赤ちゃんの肌に合うかをよく確認してから使わなければなりません。赤ちゃんの肌に合わないものを使用してしまうと、それだけで肌荒れの原因となってしまいます。天然成分だけでつくられていたり、国産のものであるなど安心できるポイントが多いものを選ぶとよいです。また、購入してきた商品はいきなり赤ちゃんに使用するのではなく必ずパッチテストを行って、問題がないことを確認してから使用すると安心です。さらに、赤ちゃんのお風呂にも注意してください。お風呂の温度が高かったり、長い時間お風呂に入れてしまうことで、肌を守る成分が流れ出てしまい、肌の乾燥を招いてしまします。ぬるめのお湯でさっと入れてあげることが重要です。このように少し気を付けてあげるだけで、赤ちゃんの肌を乾燥から守ってあげることができます。

Copyright© 2016 赤ちゃん洗濯もしっかり選択する|すくすく成長スクールAll Rights Reserved.